HOME | NEWS | NEWS-記事-COLUMEN | 0007/COLUMEN-0002
News
COLUMEN

平屋の注文住宅-①。


 
ここ数年、滋賀県にて住宅の設計を依頼される事があります 。特徴として敷地に余裕があるケースが多く打ち合わせの中で一番初めに平屋の話をさせていただきます。皆さんコスト的な制約もある中で平屋の注文住宅は割高のイメージがあり最初から候補に上がっていないケースが多く見受けられます。マンション生活が好きな方の意見を聞いて見ると一つにワンフロアーにて生活が完結することをあげられます。注文住宅において平屋の一番大きなメリットそこにあり上下の導線移動がなくなります。空間的には2・3階建に比べ大スパンにて構造検討をすることができ、開放的かつより節約的に目的空間を構成できます。コスト的にもみなさんが思っているような割高とはならない工夫を行ないます。①将来使わなくなる事が予測される子供部屋部のみを2階建にする。②基礎面積を小さくするデザイン。③廊下面積を減らす。等..
 
平屋の作品①  ▷▷▷
  (子供部屋部のみを2階建・基礎面積を小さくする)
平屋の作品②   ▷▷▷
  (基礎面積を小さくする・ゆかレベルに変化を付ける)
平屋の作品③   ▷▷▷
  (基礎面積を小さくする・ゆかレベルに変化を付ける)
平屋の作品④   ▷▷▷
  (別荘利用)
 
2018.03.30 File/columen
 
 

◁前の記事                  次の記事▷

 

Contact
まずはご相談ください。